内村選手が予選落ちで白井選手が30位と勢力図が一変している男子体操

これまで男子体操を引っ張ってきた内村選手が、両肩の痛みなどもあり全日本選手権でまさかの予選落ちとなってしまいました。10連覇のあと昨年は3位となっていましたが、今回はまったくダメという状況のようです。加えて床のスペシャリストで、前回オリンピックメンバーの白井選手も予選通過ギリギリの30位ということで、オリンピックのメダリストたちが全滅といった状況です。世代交代、若手の台頭という見方もできますが、実力的にはまだまだのようで、若手の実力が上がってきたというよりは、内村選手たちベテラン勢がケガやモチベーションの低下で思うような演技ができていないというのが実情のようです。内村選手も年齢的にもう30歳ですので、これからの上積みはなかなか望めません。これまでの活躍を考えればすごく良く頑張ったといえます。あとは内村選手が納得する形で競技をしてもらえればと思います。内村選手が安心して若手にまかせられるように若手がしっかりと台頭してくれればいいのになぁとは思います。内村選手も若手の皆さんも頑張ってください。ミュゼ 予約 2人